31

先日参加した 「 おとな旅・神戸 」 の別のプログラム
 『 ~ おとなの社会見学 ~ 神戸空港まるごとガイドツアー 』 に行って来ました。
3

折角なので、集合時間よりも2時間近く早く行って空港の内外をウロウロしました。

4

11月の終わりでしたが、もうすっかりクリスマス仕様です。

5

3階の奥まったところに、フライトシュミレーションゲームがありました。
初級から上級まで色々なコースがありましたが、神戸空港に着陸するコースを選びました。
一番易しいコースを選んだはずなのに、途中で海に墜落し、また浮上したものの
着陸の際には滑走路に激突してしまいました。

6

それでも何とかゲームを最後までクリアし、72点というスコアが出ました。
「 今日のランキング2位 」 という表示に一瞬だけ喜びましたが
時間が早かったため、この日は私を含めてまだ2人しかゲームしていません。
つまり最下位です。
どうやら私は飛行機の運転には、あまり向いていないようでした。

7

気を取り直して屋上の展望デッキに行きました。
去年のお正月に、ここへ初日の出の写真を撮りに来た時は
警備の方々がいらっしゃるぐらいにギッシリの人でしたが、この時は貸切状態でした。


8

ちょうどスカイマークの飛行機が離陸するところで、夢中でシャッターを切りました。
そうしている内に、お友達から着いたという連絡が入ったので
集合場所である団体待合室の方へと向かいました。

37

ここでお会いしたのは、前日の『 港町神戸今昔鳥瞰図 』 で蘇る150年前の神戸でご一緒した
スタッフの方でした。
あら~!本日もどうぞよろしくお願いします~!とご挨拶しました。

この頃になると、参加者の方々が続々と集まってこられ40名近くが揃ったところで
空港の方による説明が始まりました。

神戸空港は来年の2月で12周年を迎えるまだ若い空港で
空港会社は、スカイマーク ・ 全日空 ・ エアドゥ ・ ソラシドエアの4つだけ
それも国内便しか飛んでいませんが、このコンパクトな空港の中で
1000人以上の方が働いていると聞いて驚きました。

神戸空港についてまとめられた短い映像も見て、いざ出発です。

10

最初に向かったのは、スカイマークの格納庫でした。
幅62.2m、高さ20.7m、奥行き59.1mのかなり広い空間に
色々な種類の働く車が並んでいました。

11

左上の航空機牽引車や、右上のトーイングトラクターには
実際に運転席に座らせてもらい、とても嬉しかったです。

格納庫なのに飛行機はないのかなと思っていると
格納庫に飛行機があるということは、メンテナンスが必要な状態だということなので
ないのが本来の状態なのだという解説を聞き、ほ~~~!と思いました。

12

その後は、整備スタッフの方と飛行機の模型が当たるゲームを楽しんだり、
飛行機を誘導する時に使う黄色のグランドハンドリングを振らせてもらったりしました。

13

最後は、大扉の開放を見せてもらいました。
高さが20m以上もある扉がゆっくりと動き扉の向こうの広い滑走路が
明るい日差しと共に、徐々に目の前に現れた時には小さな歓声が上がりました。

14

格納庫の見学が終わった後は、撮影禁止の建物の中を抜けて

15

貴賓室を見せてもらいました。
皇室の方や、海外からいらした偉い方、それに有名なスポーツ選手などが
荷物が出てくるのを待つ間や休憩などに利用なさるのだそうです。

神戸空港まるごとガイドツアー その2に続く。。。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/