20

いつもお花や景色を見ながら歩いていますが、足元も気になってきました。
マンホールです。
普段は、あまり注意を払うこともなく歩いていますが
ひとつひとつ追って行くと、本当にたくさんの種類があることに改めて驚きました。

まずは、お家から王子動物園に行くまでの行きの道と帰りの道で
マンホールを探してみました。
1
3
2

汚水と言っても、神戸のイラスト入りのものから、ドット柄や
よく見かける放射線状になったものなどがありました。

8
11
12

インフラ系なのは、大阪ガス、関西電力に続いてNTTのも見つけました。

9

こちらはNTTの前身の電電公社のものですが、電信・電話の頭文字を意味する
「T」の文字をあしらったデザインは、引き継がれたのだなと思いました。

13
14
15

お仕事系は、観測基準点・工水空気弁・信号用などでしたが
具体的にどういったものなのか想像がつきませんでした。

23
6
7

消火栓は、目立つようにそうなったのか黄色でした。
角型のには、Ⅰ と Ⅱ があり、その Ⅰ の図柄と同じイラストで
丸型を見つけた時は、ちょっと嬉しくなりました。

21

こちらは、マンホールではなく側溝のフタですが
六甲山牧場や市の花アジサイ、異人館、チャイナドレスの女の子、
ポートタワー、市章山にイカリ山、花時計、神戸市庁舎、神戸大橋にお船と
盛りだくさんな内容に目が留まりました。

17
22

反対に、何用なのか全く分からないのっぺら坊なのにも
違う意味で目が留まりました。

19

最後は王子動物園のカラー版と対をなすモノクロ版です。
往復の4kmちょっとの道のりで見たものは、ここまでです。

42
59
39

他にも、違う場所で見つけたものですが
神戸愛あふれるマンホールには、なんだか力づけられました。

『西嬉 HP』  http://www.nishiki.ecweb.jp/