西遊嬉(saiyuki)

日本料理『西嬉』の女将と大将が綴る日々の出来事

2015年03月

ライオンキング ・・・ 女将

1

2

先日の日曜日、お友達と一緒に大阪四季劇場へロングラン上演中の
『 ライオンキング 』 を見に行って来ました。
行こうと思い立ったのが去年の秋のことでしたが、お店がお休みの日曜日や祝日には、
なかなか席を取ることができず、3月になってしまったのでした。

3

4

前から15番目の中央寄りの席でしたので、舞台はよく見えたのですが
あった方がより楽しめると聞いていたので、お家にあった小さな双眼鏡を持って行きました。

いつものように、感想メモを取りながら見ました。
今回はシンプルなストーリーそのものよりも
動物や植物を表す大変斬新な衣装のデザインや、
遠近法を上手く使った舞台演出に目が奪われました。

その斬新な衣装は、不思議な構造になっているものが多かったので
双眼鏡で細かい部分をのぞきながら慌ててスケッチしてみましたが
お家に帰ってから大将に見せても、 「 何やそれは? 」 と笑われてしまいました。
絵で伝えるというのは、難しいです。

休憩を挟んで2時間50分というのは、少し長いかなと思っていましたが
メリハリのあるカラフルで楽しい舞台で、あっという間でした。

4度目のカーテンコールが終わった時、もう1度幕が上がるかなとは予想しましたが
6度目で場内の灯りが点き、7度目、8度目まであるとは、思いもよらないことでした。
サービス精神たっぷりにお辞儀をなさる出演者の方々に客席もどよめき、
みんなで総立ちになって拍手を送りました。

見終わった後は、気分爽快。
大満足で、気持ち良く神戸に帰ってきました。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/

イントゥ・ザ・ウッズ ・・・ 女将

Into_the_woodssもう20年以上も前のことになりますが、研修で10日間ほど、アメリカに行きました。

昼間は、セミナーや視察やデスカッションなどのプログラムがギッシリあって、結構忙しかったのですが、夜はいくつかのオプショナルツアーを選ぶことができ、息抜きの時間が持てました。

私が参加したのは、 「 ブロードウェイでミュージカルを見る 」 という夜のツアーでした。
特にミュージカルに興味があったわけではありませんでしたが、 「 ブロードウェイでミュージカル 」 というと、いかにもカッコイイ感じがして、イメージだけで選びました。

ですが、字幕などありませんし、当時は、今のようにインターネットも普及していませんでしたので、一体どんなお話なのか、歌と踊りでめまぐるしく進んでいく舞台を見てもチンプンカンプンでした。

研修のメンバー10人ほどと一緒に見たのですが、その人たちは私よりももっとチンプンカンプンだったようで、第一幕が終わった休憩時間に、多分こんな感じのお話・・・と私があらすじを説明すると 「 うお~!お前すごいな~! 」 と大変感心してくれ、気が付くとその10人ほどが私を取り囲んで話を聞いていました。

このことがあってから研修生の中での私の立場は一気に上昇し、デスカッションや研修成果発表会のためのミーティングの席で一目を置いてもらえるようになったことを、今でもよく覚えています。

ですが、実はあのとき私が話したあらすじは、かなり大胆に自分の想像を交えたもの、つまりはハッタリだったので、
ずっと小さな後ろめたさを感じていました。

そしてそのまま、20数年が経ち・・・・・。

あの時見たミュージカルが、ディズニーから映画化されたというではありませんか!
これは是非見に行って、本当はどんなお話なのかを確かめないとと、映画化が発表された時から、
公開を待ちわびていました。

ドキドキしながら見た映画では印象的な主旋律が何度も繰り返し流れ、それが
私の頭の中に残っていた曲と重なって、ずっと忘れていた事や当時の気持ちを、
たくさん思い出させてくれました。

肝心のあらすじですが、大体、合っていました。
あ~、よかった。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/

リベンジ!牡蠣三昧 ・・・ 女将

1

2

去年の2月、赤穂市の坂越(さこし)に牡蠣を食べに来たのですが
開店してすぐの時間に着いたにも関わらず、2時間待ちと言われて
泣く泣く、ここでのお食事を諦めました。

今年はそれを踏まえて3月になるのを待ち、満を持して坂越に向かいました。
去年は遠く離れた臨時駐車場に車を停めましたが、今年は少し待っただけで
お店の目の前にある駐車場に入ることが出来ました。
作戦は、間違っていなかったと確信しました。

周りを見回してみますと、姫路や神戸は元より、大阪やなにわ、
和歌山ナンバーの車が停まっています。
やっぱり遠くからお客様がいらっしゃる人気のお店なのだなと思いながら入口に向かうと、
中はお食事の順番を待つ人で溢れ返っていました。
あぁ~、作戦はやっぱり間違っていたのでしょうか?

3

4 

人々の間を縫って前まで行き、お店の方に待ち時間を訊いてみますと
1時間ぐらいということでしたので、そのぐらいなら・・・と名前を書いて待つことにしました。

待っている間は外に出て、牡蠣漁をして帰ってこられた牡蠣満載のお船を見たり
屋外の焼き牡蠣食べ放題のコーナーで、バケツいっぱいに盛り上がった牡蠣を
恐らくは自前なのでしょう、牡蠣の殻や汁が飛んでくるのを防ぐための
ビニールの合羽を着ている方々の楽しそうな様子を見たりして過ごしました。

5

6

お店の方が予想なさった通り、およそ1時間後にマイクで名前を呼ばれ
靴を脱いで上がるお座敷の席に案内していただきました。

待っている間に何度もメニューを見て、食べたい物を
もう決めてありましたので、一気に注文し、
牡蠣の天ぷら、牡蠣の明太子マヨネーズ、牡蠣のにんにくバター焼き、
牡蠣のチーズベーコン焼き、蒸し牡蠣、牡蠣のブルゴーニュバター、
カキフライの巻き寿司を食べました。

7

Photo

食べ終えた牡蠣の殻を積み上げて幸せでした。
そして、神戸に戻ってからは菜の花色のトートバッグを買って
大満足なホワイトデーの 「 リベンジ!牡蠣三昧 」 な1日が終わりました。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/

ヨドコウ迎賓館の雛人形展 ・・・ 女将

1

2

先日、お友達と一緒に、2月14日(土)から4月5日(日)まで開催されている
雛人形展を見に行って来ました。
場所は、芦屋にあるヨドコウ迎賓館です。

この建物は、1924年に櫻正宗で知られる山邑酒造の8代目当主の
別邸として建てられたものだそうで、今では国の重要文化財にも指定されています。

3

4

5

6
そのモダンなデザインは、外観だけではなく、4階建てのお屋敷の中でも
あちこちに見ることができました。
風や光が入る角度まで計算された美しさは、居心地の良さにも繋がっていて
最上階の食堂の外にあるパーティができるほど広いテラスからは
お天気が良かったので大阪から神戸までが見渡せて、とても気持ちが良かったです。

さて、建物も素晴らしかったのですが、今回の目的は
期間限定で公開されているお雛様を見ることでした。

7

8

8代目当主のお嬢さんの雛子さんのために作られたお人形やそのお道具類には、
そのどれもに雛子さんのお印である八重桜の模様が、刺繍してあったり
描かれたりしていて、それが100年以上経った今でも、全く傷んだ様子もなく
展示されていました。

お人形は高さが約45cmとかなり大き目で、雛人形の他にも
当時のお金持ちのお家では流行りだったという、花観人形がありました。

17体の花観人形は、そのお顔も髪型も手の仕草も着物も、
すべてが違っていて、それはそれは見事でした。
それぞれに頭師さん、髪付け師さんなどの専門職の方がいらっしゃり
お人形の着物も、お人形専用の反物を織り、染め、刺繍をして仕立てていたと
館のスタッフの方が説明して下さいました。
あまりに優雅で綺麗でしたので、お人形の前に敷かれたホットカーペットの上に座って
長い間、見惚れていました。

1_2

2_2

午後からは、去年の4月に出来たばかりのスパに行きました。

岩盤浴のアンチエイジングコースを試したり
(1時間のコースで何日分くらい若返れたでしょう?)
生まれて初めてホットヨガのレッスンを受けたりして
最後に、(全部は制覇できませんでしたが)13種類もあるという
お風呂を楽しんで帰ってきました。

ホットヨガのキャンペーン中だったとかで、もらったフライフルーツをお土産に
家に帰った時には、すでに夜になっていました。

9_2

朝から出掛け、色々と盛りだくさんな体験ができて、
大変楽しい1日でした。

ランチのお店に向かう途中で、少し道に迷ったお陰で、
早咲きの桜を見られたことも嬉しかったです。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/

半旗 3.11 (大将)

Img_0733今朝、中央市場へ行くと半旗が揚げられていました。

あれ?なんで?

市長か知事でも亡くなった?(市長さん知事さん、ごめんなさい<m(__)m>)

ん、3月11日、あっ!

そうか!あれから4年か

地震発生をテレビの字幕速報で見

混乱するテレビ放送を見ながら

自宅マンションが揺れているのを感じ

画面の中で押し寄せる津波をただ茫然と見ていました。

県庁でも、半旗が揚げられていました。

Img_0734

Img_0736

まだまだ進まない復興

忘れちゃダメです。(ごめんなさい、半旗見てすぐに気付かなくて)

お店では、『東北応援酒リーズ』(東北応援シリーズ)と題して

東北のお酒を一種類、定番に加えてご用意しています。

忘れないために、思い出すために、続けていければと思います。

改めて、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。と共に行方不明の方が見つかりますようにお祈りいたします。

『西嬉 HP』  http://www.nishiki.ecweb.jp/

プロフィール

西 遊 嬉

ギャラリー
  • ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA ~ (大将)
  • ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA ~ (大将)
  • ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA ~ (大将)
  • ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA ~ (大将)
  • ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA ~ (大将)
  • ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA ~ (大将)
  • ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA ~ (大将)
  • ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA ~ (大将)
  • ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA ~ (大将)
記事検索
QRコード
QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ