1

先日の日曜日は、大将と
『 第5回花隈モダンフェスティバル 』 に行ってきました。

2

一昨年、去年に引き続き、モダン寺に来るのは3度目ですが
お寺に紅白の幕が掛かるのは、珍しいことではないかと大将が言い
それもそうだなと思いました。

9
8

いつも外に出ていた飲食店のブースなどは、今年は建物の中に出店していました。
手作りのワークショップやフリーマーケット、
往時の花隈の写真パネルの展示などをブラブラと見て回りました。

10

恒例の三味線体験もありましたが、今年は時間の関係もあって参加せず
奥で三味線を手に談笑なさっていた、本職は電気屋さんの西嬉のお客様に
ご挨拶だけをしに行きました。

21

いつも朝一番に来ていたこのフェスティバルに午後から来たのは
邦楽のライブを聴いてみたかったからでした。

13

会場となった広い本堂は、ほぼ満席です。

14

邦楽ライブでは、横笛と太鼓&小鼓と三味線2棹の演奏で
長唄を聴かせていただきました。
曲は、神戸に所縁のということで源義経が出てくる3曲で
義経が幼少の頃を唄った「鞍馬山」と
五条の橋の上で弁慶と対峙した「橋弁慶」と
歌舞伎でも有名な「勧進帳」でした。

さっきまで涼やかなお声で解説をなさっていた長唄の松浦麻矢さんが
いざお唄になると、朗としたお声を響かせたことに驚いたり

16

途中で、三味線の方が棹の部分に紐を結び、何をしているのかなと思ったのですが
これは可動域を狭くして、手動で音域の高い三味線にしたという解説を聞き
感心したりしました。
最前列に陣取っていましたので、こういう細かいところまでが良く見えました。

20

ご本尊の阿弥陀如来様に見守られ
初めての邦楽ライブを楽しんだ午後のひと時でした。
ありがとうございました。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/