45

46

お昼ご飯は、大須商店街を抜けて少し歩いたところにある、
有名なみそかつのお店で食べようと決めていました。

ですが、ワクワクしながらお店のところに行ってみますと、
何ということでしょう!

午後2時近くだというのに、お店の前には
長蛇の列ができ、その列がお店の入ったビルの横手まで、
長く長く伸びているではありませんか!

お友達のひとりは、3時台の新幹線に乗って
帰る予定でしたので、悠長に並んでいる時間はありません。

リサーチ不足を悔いつつ、別なお店を探すことにしました。
ファーストフードのお店は、近くにもいくつかあったのですが
せっかく名古屋に来たのですから、名古屋めしが食べたいと
取りあえずは地下鉄の駅の方に歩きながら、キョロキョロしました。

47

48

路地を回ってみたり人に訊いたりして、ようやくデパートの地下に、
有名な天むすのお店を見つけました。

天むすは、帰りの新幹線の中で食べるつもりでしたが、予定変更です。
ここでも少しは並んだのですが、比較的早く席に着くことができ
小ぶりの天むす5個に、きゃらぶきとお吸い物、それにデザートのオレンジがセットになった
「 召し上がりセット 」 というのを食べました。

美味しいお米に海苔、それに薄い塩味の付いた海老の天ぷらが
上品で、ものすごく美味しかったです。
これで、心置きなく駅に向かえました。

49

50

一足先に帰ったお友達と別れた後は、JR名古屋駅の
真上に建つビルの15階に行ってみました。

ここは2つのビルとビルを繋ぐ回廊の部分が、
地上70mの15階部分で、天井の高いガラス張りの
吹き抜けになっています。

外のお天気は少し曇っていましたが、
視界を遮るものもなく、昨日行った名古屋城や
その向こうに連なるお山まで良く見えました。

お山で、お山に行っている大将のことを思い出し、
ちょっと電話をしてみましたところ、帰りの高速道路が混んで
大渋滞中とのことでした。

51

52

空中回廊に来る前に、お土産ももう買っていましたし、
出発の時間まで少しお茶を飲んで休憩することにしました。

エレベーターで地上まで降りて、また街中をさ迷うのは億劫でしたので
多少なら並ぶのを覚悟して、オシャレなパーラーに行ってみましたところ
ラッキーなことに、すんなり入れました。
昨日買った観音様のお守りが、さっそく効いているようです。

炭酸は苦手なので、普段はほとんど口にしないのですが
歩き回って疲れていましたし、ちょうど同じ色のお洋服を着ていましたので
葡萄のクリームソーダを注文しました。

ケーキセットを頼んだお友達と、 「 やっぱり疲れた時は甘い物がいいね~ 」 と
おしゃべりしながら、名古屋の残りの時間を過ごしました。

53

54

旅行の最後の楽しみは、新幹線の中で食べる駅弁でした。

予定していた天むすは、さっき食べてしまいましたので、考えた末
私は名古屋コーチンのこだわり焼き鳥弁当を、
お友達はひつまむし弁当をそれぞれ選びました。

新幹線には1時間と少ししか乗らないので、動き出してすぐにお弁当を広げ
私の焼き鳥1個とお友達のウナギ1切れを交換して食べました。

これで、みそかつ以外は予定していた 「 名古屋めし 」 を全部制覇しました。

55

56

名古屋を出た時はまだ夕方でしたが、新神戸に着くと外はすっかり夜になっていました。
旅行ももちろん、とても楽しかったのですが見慣れた風景に、ちょっとホッとしました。

振り返ってみると、我ながら食べ物についての記載が多く
「 名古屋旅行 」 というよりは 「 名古屋食べ歩き旅行 」 と
タイトルを変えてもいいかな?と思いました。

そして大将へのお土産も、手羽先の唐揚げと、レトルトの味噌おでんと
名古屋コーチンごはんの素という食べ物でした。

                                       おわり

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/