大将がお山に行っている間、私は実家に帰っていました。
普段はお店がありますので、ずっと一緒にいますが
別々に過ごすのが恒例の、年に一度の貴重な数日間です。

12

まずは、ミニ同窓会に参加するため中学と高校の6年間を過ごした姫路へと向かいました。

駅ビルは、今年の4月に工事が完成して立派なショッピングモールになっていました。
ビル自体も、元々あった場所よりも少しだけ西南の方向に移動したそうで
新しくできたオシャレな展望デッキからは、 ( まだ改装中でしたが ) 姫路城が正面に見えました。

同窓会の会場は、今流行りの個室居酒屋でした。
少し早めに着いたのですが、もうほとんどのメンバーが揃っていて
中には、高校の卒業式以来初めて会う顔もありました。
とても懐かしく、話は大いに盛り上がって、終電の時間まで楽しく過ごしました。

34

次の日は、両親と一緒にお墓詣りに行きました。

お墓に柄杓でお水掛けていますと、祖父のお墓に大きなカマキリが
くっついていることに気が付きました。
怖かったので、お水を掛けて追い払おうとしたのですが、全然動いてくれません。
仕方がないので、記念に写真だけを撮っておこうとカメラを向けますと、何ということでしょう!
カマキリがバサバサッ!とこちらに飛んできて、私のカメラに止まったのです!!

自分では気が付きませんでしたが、直後の喉の痛みから推察すると
かなり大きな声で、 「 ギャーーーーーーー! 」 と叫んだような気がします。

56

カマキリで相当消耗した午後は、山のお家のテラスで絵を描いたり
つい、5枚も借りてしまったDVDを見たりしてのんびり過ごしました。

78

夜は、母と一緒に家の前で花火をしました。
小さなセットを買ったのですが、2人でやると結構たくさんありました。

910


1112

次の日の夜は、近くであった花火大会を見に行きました。

田舎なので、そんなに大規模なものではありませんが
田んぼの横に車を停めて、持って行ったイスに座りながら見上げる花火の大音響は
山間の谷間にこだまして、髪をアップにするのに使っていた髪留めの金属の部分にまで
ビリビリと響くほどでしたし、視界いっぱいに広がる艶やかな大輪の花にも感動しました。

渋滞もなく帰る道すがら、ヘッドライトの中に浮かぶ鹿を見つけ
それを写真に撮れたこともうれしかったです。

1314

お休みの最終日は、お山から帰ってきた大将と一緒に
お客様からいただいた特別招待券を持って
神戸ハーバーランドにある 「 万葉の湯 」 に遊びに行きました。
( ありがとうございました! )

ゆったりとお湯に浸かった後は、リクライニングルームでお昼寝をしたり
港の景色を見ながら足湯を楽しむことができる最上階の18階に登ってみたりしました。

1516

10階の遊戯コーナーで、射的やコイン落としなどのゲームにも挑戦してみました。
射的では、当たりやすいように大きな的を狙ったのですが、大きな的は重いので
弾が当たっても少し動くだけで、なかなか棚から落ちてはくれませんでした。

17そのまま、少し早めの夕食も館内のレストランで摂り、
5日間のお休みの締めくくりとしました。

大将は、ここでもフローズン生を始めとした
色々なビールを、うれしそうに飲んでいました。

『西嬉 HP』 http://nishiki.blog.eonet.jp/