119 122

今年も、篠山に住む知人より黒枝豆が届きました。

奥様が栽培された黒枝豆、丸々と大きな鞘に育ってます。

それでは、お店でのゆで方を紹介します。(普通の枝豆もほぼ同じです。)

【黒枝豆の美味しいゆで方】

先ず、枝から鞘をとります。
枝を持ちはさみで鞘の端を切り落とすように切っていきます。

123 124

全て切り落とせたら、大き目の鍋にたっぷりのお湯を沸かしながら
鞘を大き目のボールに入れ軽く水洗い。
水を捨て、塩を一掴み入れよく揉む。ここでは鞘の表面の産毛をとるために揉みます。

沸騰した鍋に、塩揉みした鞘を洗わずにそのまま入れる。
再び沸騰すると、取れた産毛が灰汁のように表面に出てくるのですくい取る。

ゆで時間は、豆を食べて見ながらタイミングを計る
黒枝豆は普通の枝豆よりは、柔らかめにゆでる方がモチモチ感が出て美味しいように思います。

125 128

ゆで上がったらざるに取り、軽く塩をふる。ふりすぎると塩辛くなるので、少な過ぎると思うぐらいでちょうど良い感じです。
ふり過ぎて辛くなった場合は、ざるごと水に浸け塩抜きをしてください。

その後、扇風機で一気に冷まします。
一気に冷ますことで、綺麗なグリーンを保てます。黒枝豆の場合は鞘自体が少し黒っぽいので、鮮明なグリーンにはならないかもしれませんが、普通の枝豆はこうすることで綺麗な色が保てます。

冷めたら、タッパかビニール袋などに移し冷蔵庫に入れて置けば、暫く保存できます。

裕昭さん、奥様、今年も美味しい黒枝豆ありがとうございました。
畑が変わったとの事でしたが、よく肥えた甘くて美味しい黒枝豆でした。ご馳走様です。
気温の変化が激しいこの数日、ご家族皆様風邪など引かぬようお過ごしください。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp